断捨離 2

いつも 株式会社ライズのホームページをご覧いただき

ありがとうございます。


前回の続きです。

■ お悩みの解決方法。。。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 


貴金属や、高級ブランド品なら、 


引き取り手は数多あるでしょうけれども、 




それとは違って、使わないけど、 


新品、状態が良い、まあまあのお値段 


みたいな物って、意外とありますよね。 




ただ、処分するにはもったない。 


何か方法はないのか? 




そんな時に、現代では、 


新しいビジネスの形とも言える、 


「フリマアプリ」ひとつの選択肢として、 


存在感を大きくしています。  




すでに利用されている方も、 


いらっしゃると思いますが、  




フリマアプリの市場規模は、  


3,000億円以上にのぼるそうです。  




以前から、 


オークションサイトなどは  


ありましたが、 




この市場の大きな特徴は、 


名前に、フリマ(フリーマーケット)と 


ついている通り、「C to C」つまり、 


個人間取引がメインとなることです。 




ですから、誰でも、 


購入もできるし、出品もできます。 




大手のフリマアプリ1社だけで、 


全世界で7000万ダウンロードと、  


認知度、利用者数、市場規模ともに  


今後、ますますの成長が期待される市場。 




ちなみに、認知度、利用率で、 


10代女性は40%以上、次いで、 


20代女性35%以上、10代男性30%以上と、  


若年層がこの市場の中心となっています。  




不用品を効率的に売りたい、  


欲しいものをできるだけ安く買いたい、  


といった需要と供給がうまくバランスを 

 

保っているのかもしれません。 




若年層に限らず、世代を問わず、 


ネット上で物を購入することは、 


浸透してきています。 




そこに、売ることが可能になると、  

 



相場はありますが、個人が商品の価値を考え、 


自由に値付けができるということになります。  




私はここに、価値観の変化が生まれる  


可能性があるように思えます。 




企業やメーカーが値付けした 


価格を基準に物の価値を捉えていたのが、 




自分で、値付けすることが、 


今以上に浸透したら、 


その人なりの価値観が芽生え、  


その人なりの具体的な値付けの基準を 


持つ層が増えてもおかしくないのではと。 




仮にこういう変化が起きたとしたら、 


営業手法にも変化が求められることでしょう。 




何かを売るという商売の中で、  


今後一層、扱う商品の  


魅力、価値、値付けの根拠などを 


理路整然と伝えることの大切さが、  


 重要になってくるのかもしれません。




それでは、今週はここまで。  

 来週をお楽しみに\(^o^)/