思わぬ価値がつく時代

いつもご愛読頂きありがとうございますm(_ _)m

ライズの佐々木です。



11月にはいり、あの言葉をよく、 


目にしたり、耳にしたりすることが、 


増えたように思います。 



「今年もあと2ヶ月・・・」 



この言葉で、それまで、 


気にしてなかったとしても、 


年末感と言いますか、少なからず、 


年末の雰囲気が漂い、 




毎年のことのはずなのに、 


なんとなく、焦りのような、 


気持ちが芽生えます。 



月並みですが、 


1年早いなと思いつつも、 


まだまだ、2ヶ月ありますし、 


感傷に浸っている暇はありませんね。 



何かと忙しくなるシーズンを、 


 体調崩さず、乗り切り、


1年の区切りをしっかりと、 


つけたいものです。 




■ 情報は自分から管理する時代へ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 



まだまだ、2ヶ月とは言いつつ、 


メディアでは、来年の話題が、 


多く取り上げられています。 



元号のこと、消費税のこと、 


などなど、来年は日本にとって、 


大きな影響をおよぼしそうな出来事が、 


たくさん、ありますね。 




その中で、、、 




すぐにではないと思いますが、 


仕事にも、プライベートにも、 


影響がありそうな構想が、 


姿を現しました。 




その構想の名は、 


「情報銀行」 




構想自体は、数年前からありましたが、 


いよいよ来年から本格始動するそうです。 




そもそも、「情報銀行」とは、 


読んで字の如く、お金ではなく、 


情報を預ける銀行のこと。 




具体的な情報とは、 


個人の購買情報や、生活履歴、 


健康データなどを想定しているようです。 




個人は、こういった情報を、 


「情報銀行」を介して、 


企業などに、提供することにより、 


ポイントやクーポンなどの対価、 


利子、金銭などを得られるようになる。 





というのが、ざっくりですが、 


「情報銀行」の構想。 




ん~思い返してみると、 


情報を管理するという意識はあっても、 


クレジット、キャッシュカードの番号、 


住所、電話番号ぐらいかななんて思います。 




世の中には、特にスマホで、 


便利なアプリがたくさんあり、 


ニュースなどの情報を得られたり、  


位置情報を使った地図、ナビや、 


料理のレシピ、買い物、運動量を計測する、 


様々なアプリが生活に活用されています。 




しかも、多くの場合、 


無料でこの便利な機能が使えます。 



自分にとって役に立っているのは、 


良いことだとは思いつつ、 


なぜ、無料なのだろうと 


思ったことありませんか? 




広告収入での運営ということは、 


有名な話ですが、その他にも、 




年代、性別、趣味嗜好、行動範囲とか、 


個人の行動から得られる情報が大量になると、 


アプリを提供する側からしたら、 

経営資源となる程、 


価値が上がっています。 




これが、いわゆる、「ビッグデータ」。 




「ビッグデータ」を得るために、 


魅力的なコンテンツ、アプリを、 


無償で提供して、そのデータを 


販売するといったビジネスモデルは、 


今では珍しくありません。 




今まで意識していない、 


個人の一挙手一投足から生まれる情報に、 


価値がつくということは、お金と同じくらい、 


自分でしっかりと管理が必要になるのかもしれません。 




SNSのプロフィールに、 


誕生日、居住地域、学歴、職場など、 


きっちりはいってたりしますが、 


そういった情報にも思わぬ価値がつく日も、 


遠くないのかもしれません。 



■ 石油よりも価値がある?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  




情報は、「21世紀の石油」とも、 


表現されています。 




長い間、世界経済の中心だった、 


石油産業の会社の時価総額を、近年、 


Microsoft、Apple、Google、Amazonといった、 


IT系企業が上回っているそうです。 




いきなり、情報は石油よりも、 


価値があると言われても、いまいち、 


頭ついていかない節もありますが、 


数字では明らかなことなのかもしれません。 




「情報銀行」の話題で、 


個人的に感じたのは、 




家を買ういう行為は、

 

情報の塊なんじゃないかなと。 




なぜ買おうと思ったか? 


戸建て?マンション? 


新築?中古?建売?注文? 


なぜその会社に依頼したのか? 


なぜその土地にしたのか? 


住宅ローンは、どこのどんなローンにしたか? 


なぜ、そのデザインにしたか? 




家を買うためには、 


ものすごくたくさんの選択が、


ありますよね。 




この情報には、とても、 


価値があるように思えます。 




なぜなら、統計的にでも、 


正解に近い情報が手に入れば、 


効果的なアプローチを、 


より効率的に行い、 


経営に繋げられると、 


感じるからです。 




ちなみに、 


この「情報銀行」の構想には、 


大手銀行も参入を計画しております。 




お金と同様にいかに、 


自分の銀行に預けてもらえるかが、


鍵になると思いますから、 




価値のある情報には、 


それ相応の対価を用意し、 


アプローチするんではないかと。 




住宅ローンと情報の、良いとこ取りを 


狙ってくるのかなとか、妄想に近い想像ですが、 


来年以降、どんな動きになるのかなと、 


いろいろ考えてしまいます。 




情報にお金のような価値がついた時、 


私たちの生活や仕事はどのように、 


変わるのでしょう。 




楽しみでもあり、  


不安もあるような気がしますが、 


今後の動向に注目かなと思います。 




それでは、今週はここまで。 


 来週をお楽しみに\(^o^)/