いつの間にか囲まれている。

 

いつもご愛読頂きありがとうございますm(_ _)m

ライズの佐々木です。




先日、1年の間に話題になった出来事や発言、


流行などの中から世相を表現したことば選ぶ、


「新語・流行語大賞」の候補が発表されましたね。




今年は、どんなことばが、


年間大賞となるのか?


12月2日の発表を楽しみにしています。




■ 2019年の話題、出来事、発言、流行から、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「新語・流行語大賞」は、


多くの候補の中から、


30のことばに絞り込まれており、




今年の特徴としては、


まず、ワールドカップがあったことから、


ラグビーに関することばが、


5つノミネートされています。




候補となることばを見ていると、


消費税増税、自然災害に関することば、


芸能、事件、スポーツなど、




平成の終わり、令和の始まりとなった、


2019年の出来事を全てではありませんが、


振り返ることができると思います。




その中で、個人的には、


毎年、候補の中に1つか2つ、


え?聞いたことないけど?といった感じの、


ことばもあったりします。




今回の候補でいうと、私は、


「サブスク(サブスクリプション)」


という、ことばでした。




そんなに、世間を席巻するほど、


話題になってたかな?と、


パッと見た時に感じました。




が、、、


よくよく、考えて、振り返ってみると、


そういえば、自分の日常に、


「サブスク」が、かなり根付いていて、


それって、本格的には今年からかもしれないと、


思ってきました。




「サブスクリプション」を略して、「サブスク」は、


製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、


代金を支払う方式のことを指すそうで、




私の場合、


映画やドラマを見放題の、


「アマゾンプライムビデオ」や


「ネットフリックス」、


ラグビーを見るために、


「Jスポーツオンデマンド」などは、


確かに、今年から本格的に利用しています。




他にも、たぶん、


新聞の電子版もそうだと思うのですが、


気づけば、「サブスク」に囲まれた生活を、


しておりました。




■ そういえば、そういえば、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


仕事においても、よく使う、


Excel、WordなどのMicrosoft Officeや、


AdobeのIllustrator、Photoshopなども、


昔は、電気屋さんなどで、


インストールディスクを買ってましたが、




今や、「サブスク」が主流で、


Web上で、月額か年間かを選べ、


最新のバージョンが簡単に手に入ります。




その他にも、定額制で、


雑誌、漫画が読み放題や、


音楽聞き放題、


バッグや服が借り放題、


コーヒーが飲み放題、


ラーメンが食べ放題などなど、


様々な種類のサブスクが世の中に存在し、




数量に対していくら?


ではなく、契約期間中、


○○放題が大きな特徴で、


加えて、




好きなときに登録・解約可能


何千、何万曲、冊といった膨大な数を取り揃え、


コスパが良く、気軽に始められるのも、


現代のニーズに合っていて、


盛況な理由かもしれません。




一部では、


全国各地に拠点を用意し、


年会費を払えば、どの拠点でも、


住み放題といったサービスもあるようです。




見渡せば、手頃な価格で、


サービスがたくさんあり、


便利な世の中だなと感じます。




ちなみに、サブスクリプション市場は、


2023年には、8,000億円以上の規模になると、


見られており、そうなるのであれば、




今後、この市場は、


サービスの拡充が見込まれ、


ますます、活況となっていくことでしょう。




そういった状況で、少し気になるのは、


「所有」から「利用」へ消費者の価値観が、


変わってきているということ。




この先、そういう感覚が、今以上に、浸透して、


そもそも「所有」する意欲が低い消費者が、


増えるとしたら。。。




売る側としては、


そういう世代へのアプローチは、


一筋縄ではいかないのではないかと、


便利になる反面、そんな側面のことも、


ちょっと考えてしまいます。




それでは、今週はここまで。


来週をお楽しみに\(^o^)/