意識するだけでも、出来ることだけでも、


いつもご愛読頂きありがとうございますm(_ _)m

ライズの佐々木です。




空気が冷たくなってきて、


秋めいてきたというか、


あっという間に冬が、


きてしまいそうな気温の


ところもありますね。




夢中になってしまった、


ラグビーワールドカップも終わり、


どことなく、寂しい気持ちもありますが、


すぐ、トップリーグも始まりますし、


気を取り直して、日常に一旦、


戻ろうかなと思います。




■ 今週から、、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



11月9日から7日間、


「令和元年秋季全国火災予防運動」


が始まります。



この運動は、火災が発生しやすい時季を


迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図り、


もって火災の発生を防止し、被害を発生を減少させるとともに、


財産の損失を防ぐことを目的としています。




子供の頃から、


「火災予防運動」は耳にしていましたが、


具体的な内容を認識したのはここ最近かもしれません。




全国各地、世界の火災ニュースを、


目にする度に、自分自身に何か起こった時に、


適切な行動ができるか。考えてみると、


想像の範囲ですが、正直、何をすれば良いのか、


ちゃんとは分かっておりません。




また、何かが起こらないよう、


できる限り予防を心掛けることが、


まずは、大切。




ですから、年齢に関係なく、


「火災予防思想」を持つことは、


命を守るためには、重要なことだと思います。




重点項目に含まれる、


住宅に関することで、


そういえば、点検の業者さんて、


きたことあるかな?と、


少し、不安になることもありました。




それは、住宅防火対策の推進として、


住宅用火災警報器の設置の徹底、


適切な維持管理の必要性、


方法等の具体的な広報、及び、


経年劣化した住宅用火災警報器の交換の推進


という、項目です。




マンションで、


火災報知器も消火器もありますが、


ちゃんと動作するか、確認したことはありませんし、


消火器の位置もうろ覚えなので、


この際、きちんと確認しておこうかと、


思います。




予防は、極端ですが、


やり過ぎたとしても、


何も起こらなければ


それが、一番だと思います。




様々な自然災害が、多発する近年では、


特に、火災予防、防災思想の普及は、


大人も子供も関係なく、欠かせません。




思想と書かれるとと、


なんとなく難しそうな印象を受けますが、


意識するだけでも、出来ることだけでも、


仮に備えが万全だったとしても、


この機会に、火災、災害について、


再認識することは、無駄ではないと思います。




それでは、今週はここまで。


来週をお楽しみに\(^o^)/