健康に良さそう 健康に悪そう

 

いつもご愛読頂きありがとうございますm(_ _)m

ライズの佐々木です。

先日、コカ・コーラから、

エナジードリンクが発売されることが、

ニュースになっていました。

コカ・コーラといえば、

発売から150年以上、

全世界に知られ、飲まれる、

炭酸飲料といえば、コカ・コーラ

というような存在ではないかと思います。

部活が終わった後の、

キンキンに冷えたコーラは、

格別でしたし、暑い日はどことなく、

飲みたくなってしまいます。

発売は、まだ先みたいですが、

ちょっと、気になります(^o^)

■ 確かに、言われてみれば、、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エナジードリンクの発売記事に、

実は、少し気になった内容がありました。

「コカ・コーラを飲むのをやめてしまった

お客様に再度手に取っていただき、

ブランド全体の需要増への波及効果を狙っている」

あれ?コカ・コーラの需要って、

減っているということ?

ネットで調べてみると、

コーラだけじゃなく、代表的な炭酸飲料が、

世界的に、売れなくなってきているのだとか。

そうなった要因に、人々の、

健康志向が高まり、その影響で、

「砂糖離れ」につながっているのだそうです。

確かに、言われてみれば、、、

コーラをはじめジュースやビール、お菓子なのに、

糖質オフ、ゼロ、無糖、砂糖不使用、トクホなの!?

といった商品が増えているように感じます。

世界的知名度を誇る商品を有する、

世界的な大企業、コカ・コーラでも、

そういう商品が増えているのは、

砂糖を多く摂りすぎてしまうような、

商品が本当に売れなくなっていることが、

背景にあるのかなと感じます。

ジュースもビールもお菓子も、

美味しいんですけどね~

確かに、年のせいもあり、

健康のことが頭をよぎり、

年々、口にする機会が、

減ってるような気もします。

■ 健康志向の高まりに起因する健康行動

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健康に過ごせることは、

人にとってはとても良いことですが、

健康志向の流れを受け、製造メーカーにとっては、

方向性を変えざるおえない課題となってるようです。

大手菓子メーカーでは、

健康に良いとされるカカオの

含有量が高いチョコレートのニーズが高まり、

製造ラインを増設したり、

ジャムを主力とする大手メーカーでは、

「砂糖離れ」の進行で、売れ行きに苦戦し、

砂糖を使わないオールフルーツジャムを、

開発し、販売ですとか、

コカ・コーラを始めとする、

炭酸飲料を主力とするメーカーでも、

炭酸水に注力したり、砂糖から人工甘味料に変え、

砂糖不使用、ゼロカロリーで売り出したりと、

試行錯誤するような動きが、

商品ラインナップから見ても、

顕著になってるメーカーがあります。

商品を買ってもらえなければ、

商売は立ち行かなくなりますから、

主力商品のネームバリュー、販路、

製造ノウハウなどを活かしつつ、

消費者ニーズをつかみ、かつ、

いかに、離さないか。

規模も売上も大きな企業ほど、

なかなか、厳しく、難しい課題ですね。

要因として考えられるのは、、、

健康志向が高まり、

多くの消費者の趣味、嗜好が変化し、

体に悪いというイメージがあるものを避ける、

健康行動に至ったこと。

イメージが先行して、

本当に体に悪いか、もしかしたら、

少量なら問題ない、生活習慣や体質によって、

問題ないかもしれないといった、

真意は定かでないことも、

この中には、含まれると思います。

調味料の「味の素」さんは、

こういうイメージを、

今、覆そうとしていますね。

ただ、例え出所不明の情報だとしても、

根付いてしまったら、不特定多数の人の、

イメージを覆すことは、至難の業。

健康志向の高まりから、既に、

健康行動に移り、影響が見え始めて、

いますから、

今、あまり影響のない業界でも、

これから、、、

「健康に良さそう」「健康に悪そう」

というイメージが、ビジネス上で、

チャンスになったり、かたや、

ハードルになってしまうような、

見過ごせない事柄のように思えてなりません。

それでは、今週はここまで。

来週をお楽しみに\(^o^)/